FC2ブログ
05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

The Chart House Waikiki (チャートハウス)

2014年03月04日
【2013・8月 オアフ島 4日目晴れ】

18時過ぎにワイキキ、ヒルトンのコンドに戻って来ました

部屋に戻る途中で、コンシェルジュにレストランの予約を頼みに。
チャートハウスに19:30。
テラス席は残念ながら、今日の今日なので取れませんでしたが 仕方ないです。



お部屋に入ると もうすっかり夕暮れ時。
お部屋からラグーンプール




アラワイ・ヨットハーバーを見ると日が沈んでいくところ。
アラワイ・ヨットハーバー




ダイニングルームから出たラナイでしばし、サンセット観賞。
ラナイからサンセット

サンセットを見るには、抜群のラナイ。
横になれるサンベッドで静かに時を過ごせます




この時間になれば、ラグーンプールも静か。
ラグーンプール





残念ながら、雲の中に太陽が隠れちゃっていますが、それでもこぼれてくるオレンジやピンクの光が美しい。
サンセット

うっとり~







今夜はダ~リンと二人での夕食。
うっれし~い

子ども達は らん両親と一緒に過ごします。
急いで、シャワーを浴び、出かける準備、準備



着替えて、髪を乾かしながら、化粧をし始めると・・・・。

ダ~リンが。
 化粧していくの?
 あたりまえじゃない~。

 いいよ、化粧なんて。もうすぐ予約時間だよ、行こっ!
 ぇえっ!ちょっと待ってよ~。お化粧くらいさせて~。すぐ終わるから~~。


・・・・折角のデートなのに、すっぴんはないでしょ!?

子ども達も順にシャワーを浴び、着替えさせていたので思ったより時間がかかってしまい、そのせいですっぴんなんてごめんだぁ~
予約、20時にしておけばよかったかな。てへ


なんだか、髪も生乾きのようなカンジでしたが、急いでレストランへ。

とは言っても、チャートハウスはヒルトンのお隣のイリカイホテルにあるので近いの。
2人とも飲むし、歩ける距離でないとね~。


でも、イリカイホテルに着いて、探してもさっぱりレストランが見つからず。
ホテルのスタッフに聞くと、

 僕についてきてください。
と、案内してくれました。


いつも隣にあるイリカイホテルは、外観はよく見ていたのですが 中に入るのは初めて。
ぐるぅ~と道案内してくれましたが、これは口頭で言われても難しい。
迷子になっちゃうわ。

中に入ってみると、イリカイホテルって思ったよりも大きいんですね。

途中、小さいけれど、ライトアップされた素敵なプールがあり、プールサイドにはカップル用にダブルの寝心地良さそうなサンベッドが並んでいるの。
すっごく大人の雰囲気あって、いいわ~。


で、案内されたのは、一本道を挟んだイリカイマリーナ。
レッドロブスターの並びまで歩いてきて、これは、外の道のワイキキからアラモアナへ向かうアラモアナブールバードから来た方がわかりやすかったですね。




The Chart House Waikiki (チャートハウス)
The Chart House Waikiki




再度、テラス席が空いていないか聞いたものの、混んでいる時間だったので、残念ながらテラス席から1つ内側の席に案内。
こちらの席

もっと早い時間に来店すれば、ここのテラスからサンセットを見ながら食事ができるんです。





日本語メニューがありました。
日本語メニューあり

しかも、らんの席の担当のウェイターさん、片言の日本語を一生懸命話してくれました。
隣の席についていた女性のウェイトレスさんは日本語ぺらぺらにしゃべっていましたね。





まずは、ビールでかんぱ~い。
かんぱ~い

生ビールにつられて頼みましたが、銘柄はなんなんだろ~?
最初のひと口、最高~





最初に運ばれてきたのは、黒いほんのり甘いパン。
パン

ここのバターは軽いカンジ。





クラムチャウダー
クラムチャウダー

メインの食事を頼むと、クラムチャウダーかサラダが選べます。
ダ~リンとらんは ふたりともクラムチャウダーに。

ウェイターさんが、その場で黒コショウを挽いてくれます。
らんはたっぷりめに。

クラムチャウダーは、すごく濃厚で食べるスープみたい。
じゃがいももゴロゴロ入っています。

カップ、小さめ!?
なんて思ったけれど、なんのなんの、飲みごたえ(食べごたえ!?)十分でございます。
少ししょっぱめなので、この量で逆によかった。





そして、前菜の中から選んだのは 一番食べたかった生ガキ
生ガキ




ここからはスパークリングワインで。
スパークリングワイン

やっぱり辛口よね~。




もう、ホント店内薄暗いので写真がこの先もずっとイマイチなのですが
ホースラディッシュが

牡蠣に添えてあるソースはトマトとホースラディッシュ。

生ガキは、らんはレモンだけでツルッと口に放り込むのが好きなのですが、ホースラディッシュ!!とは。
ダ~リンも家で育てているので、ついついここでもお味見。

生ガキにホースラディッシュもなかなかいい感じ。

牡蠣としては、小ぶりですが口に入れた時のチュルン、プリッとした感覚、鼻から抜ける海の香りが良い~。





こちらは ダ~リンの肉料理。
ガーリック・ステーキ

ガーリック・ステーキ
テンダーロイン・ビーフをガーリックとバターで。

またまたすっごくボリューミーだと困るので、サイズはライトにしました。



らんは、本日とれたての魚からマヒマヒのグリルを選びました。
調理法は、ゴマ、醤油入りアイオリでマリネし、ジューシーにグリル または、マカダミアナッツ・クラストを付けて焼き、マンゴサルサで・・・の2種類。

うぅ~~ん、どちらも美味しそうで迷いましたが、ダ~リンの「マカダミアナッツとマンゴサルサのほうが普段なかなか食べれない味だよ~。」 の一言で決まり。


マヒマヒのグリル

これがまた、びっくりするくらいの大きさで・・・・。
大きな切り身が2枚。
1枚はダ~リンに食べてもらいました。

でもね、この料理正解!!
ソース、めちゃくちゃ美味しい。
マンゴーの甘さにサルサの辛さ、そしてマカダミアナッツを絡めると最高~。

スピナッチサラダが敷いてあって、この一品は当たり!!
ぅう~ん、家でも真似できないかな、このソース。




こちらは付け合わせのマッシュポテト
マッシュポテト

これも、ポテトフライ、マッシュポテト、ライスから選ぶ事ができます。

ソフトクリームみたいにウネウネ搾ってあります~。
小さく見えますが、これがまた 食べても食べても減らなくて・・・・。





前のテーブルの人がいなくなったので、パチリ。
テラスから海~

次はテラス席で、サンセットを見ながら食事したいな~。
雰囲気バッチリですね。



最後にはやっぱりお腹いっぱい。
ふたりでいても、結局 子どもの話ばかりしていますが、まぁそれもヨシ。
周りでギャーギャー言われず、世話もナシなんて~。

やはり、たまにはふたりっきりで ゆっくりした時間を過ごせると幸せ~。
気持ちに余裕ができて、子ども達にも優しくできるってもんです。へへっ



帰りは、ヒルトン内のお店をいろいろ見ながらお散歩。


10:00過ぎにお部屋に戻りましたが、子ども達・・・・みんな起きていました
ラナイでのんびり2次会なんて、都合良くいきませんね~~。
スポンサーサイト
2013.8 オアフ島 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。